本屋プラグ/合同会社プラグ

〒640-8035

​和歌山県和歌山市万町4

ニューリチャードビル南1F

TEL/FAX:073-488-4775

books.plug@gmail.com

営業時間 11:30-20:00(平日)

     11:30-18:00(土日)

定休日  毎週水曜日

古物商:和歌山県公安委員会 第651140000880号

イラストよろずまち.jpg
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon

copyright© 本屋プラグ

一箱古本市とは?


一箱古本市とは、本が好きな人なら誰でも、段ボール箱ひとつ分を”店舗”に、それぞれが本屋の”店主”となって、自分の選んだ古本を自由に販売できる市です。実際に本に関わる仕事をしている人から、初めて本を売る人、大人から子供まで、様々な店主の想いがこもった本や紹介したい本には、それぞれの個性が表れ、各店舗を覗いてみれば、いつでも楽しい発見が見つかるはずです。
 

全国各地で広がりを見せるこの一箱古本市。ぜひ自分たちの和歌山のまちでも素敵な本との出会いをつくりたい! そう思って私たちは、2015年9月に「よろずまち一箱古本市」の名で和歌山で初めて一箱古本市を開催しました。

店主とお客さん、店主同士、このまちに暮らすひとが本とのつながりを持てますように。本を介してまちを楽しくしたいと思っています。

一箱の中に本と想いを詰め込んだ、1日だけの本屋さんになりませんか?本が好きな方、おすすめしたい本をお持ちの方、この日のために本を集めて自分の“本屋さん”をやってみたい方、などなど皆さんのご応募をお待ちしております。

不用品処分ではなく、大事に読んだ本や、紹介したい本を次の読者に手渡す古本屋さんごっこです。

〈一箱店主募集要項〉

第10回目となる今回のよろずまち一箱古本市は、「​古いものと、それに詰まった過去や想いを次の方に渡したい​」「 万​ 町 周 辺 を 楽 し く し た い ​ 」 と い う 想 い の も と 、 万 町 に あ る 本 屋 プ ラ グ と W " P O T " 共 同 で 開 催 す る イ ベ ン ト『Yorozumachi Reboot Culture(文化の再起動)vol.2』の一企画です。
 

募集箱数:約10箱(各日5箱程度) ※プロ・アマ問いません。一箱古本市が初めての方、和歌山市外からの参加も大歓迎です。
※先着順、定員に達し次第終了します。

参加費:1日参加 1000円・2日間参加 1,500円(本屋プラグで使える1ドリンク券付)
当日会場にてお支払いください。
本の売上はすべて店主さんのものです。

 

〈イベント日時・会場〉

2019年10月12日(土)・13日(日)16:00〜21:00
※今回は2日間、夕方〜夜にかけての開催です。どちらか1日のみの参加OK

W"POT"(旧有喜本店)1F :和歌山市万町35 (本屋プラグ斜め向かい)
※今回本屋プラグ店内では行いません。


専用駐車場はありません。近くのコインパーキングをご利用ください。

雨天決行

1箱参加に付き、机(使用可能スペース約w60cm×D70cm)を用意します。
貸し出し可能な椅子、、敷物などは基本的にはありません。ご自身で用意いただくか事前にご相談ください。

〈参加資格〉

当日会場にて店番ができる方。販売は各自の責任で行っていただきます。1つのブースを複数名によるグループでご応募いただいてもかまいません。

※18歳未満の方は、保護者同伴で参加してください。

※転売目的での参加は許可いたしません。

※広報と記録のため当日の様子と箱の写真を撮影し、web上やSNSへ掲載させていただく予定です。あらかじめご了承ください。


〈出品ルール〉

1ブース辺りのスペースは約1m×1m(約w60cm×D70cmの机を使用してください。)
箱のサイズ最大A2(420×594・A4の4倍)までの大きさの箱(目安として)でお願いします。段ボール、木箱、トランクなど箱自体は自由です。ご自身でご用意ください。

出品いただけるものは、基本的に古本です。古本が全体の7割を超えていれば、雑貨(紙モノやレコード・CD・DVDなど)の販売も可能といたします。飲食物は不可。

〈応募手順〉

下記フォームへ必要事項を記載の上、ご応募下さい。FAXの場合も同様の内容をお書きください。
電話・店頭での受付は本屋プラグ営業時間内のみに限らせていただきます。
応募確認後3日以内に折り返し確認メール、FAXをお送り致します。