toggle
和歌山市城北エリアにある小さな書店、本屋プラグ。新刊書、古書、絵本、雑誌からZINE、雑貨。カフェ併設。取り寄せ、買取します。
2021-07-02

[映画] 7/18(日)『クー!キン・ザ・ザ』『不思議惑星キン・ザ・ザ』和歌山ミニシアター企画第8回上映会

開催日: 2021年7月18日カテゴリー: ,

和歌山CLUB GATEにて行う、#和歌山ミニシアター企画主催の映画上映会。

第8回目は、ソ連全土で1570万人の観客を動員、世界中でカルト的な人気を誇る1986年のSF作品『不思議惑星キン・ザ・ザ デジタル・リマスター版』に、ゲオルギー・ダネリア監督が自らの手でアニメ映画化した『クー!キン・ザ・ザ』の二本立て上映。それぞれ2回ずつ上映、19:30〜は作品解説トークも予定しています。


『クー!キン・ザ・ザ』10:00〜、15:00〜
『不思議惑星キン・ザ・ザ』 12:00〜、17:00〜
19:30〜 作品解説トークイベント(いずれかの会の鑑賞者は無料)

『クー!キン・ザ・ザ』( 2013年|ロシア|92分|原題:Ku! Kin-dza-dza )

著名なチェリストのチジョフとDJ志望の青年トリクは、雪の覆われたモスクワの大通りでパジャマ姿の裸足の宇宙人と遭遇する。そして思いがけずキン・ザ・ザ星雲の惑星プリュクにワープしてしまう。そこは見渡す限りの砂漠に覆われ、身に着けるズボンの色によって階級が分かれた場所だった。ほとんど「クー!」(名詞・形容詞・副詞・感嘆詞など)しか言葉が存在しない異星人たちを相手に地球に帰ろうと2人は奮闘を始めるのだった。


『不思議惑星キン・ザ・ザ』【デジタル・リマスター版】( 1986年|ソヴィエト社会主義連邦共和国|135分 )

ある日、建築技師のマシコフは、「あそこに自分は異星人だという男たちがいる」と困った様子の学生ゲデバンに助けを求められる。異星人など信じられないマシコフが、その男たちが持っていた空間移動装置のボタンを押すと、次の瞬間、マシコフとゲデバンは地球から遠く離れたキン・ザ・ザ星雲のプリュク星へとワープしていた。そこでは何故か地球のマッチが超貴重品で、2人はマッチの価値を利用してなんとか地球へ帰ろうとするのだが……。


【和歌山ミニシアター企画とは】
和歌山CLUBGATEと本屋プラグによる、和歌山未公開の映画や過去の名画をはじめ、地域の中で多彩な映像作品を楽しめる機会を創出するためのプロジェクトです。

【日時】7月18日(日)
『クー!キン・ザ・ザ』(アニメ)10:00〜、15:00〜
『不思議惑星キン・ザ・ザ』 12:00〜、17:00〜
    19:30〜 作品解説トークイベント(いずれかの会の鑑賞者は無料)

【会場】和歌山 CLUB GATE(和歌山市北新5丁目45番地)
※専用駐車場はありません。近隣のコインパーキングをご利用ください。

【参加費】各1500円+1drinkオーダー

【定員】各回30名程度

【問合せ・お申込】下記申込フォーム・各SNSメッセージ・メール・電話・FAX・店頭で受け付けております。

|TEL/FAX|073-488-4775(営業時間外はつながらない場合があります)
|Twitter|@books_plug
|Instagram|@books_plug
|メール|books.plug@gmail.com
本屋プラグ(和歌山市万町4)※ぶらくり丁商店街入口を西に200m
営業時間:12:00-20:00(土日18:00)水曜定休

申込フォーム

    『クー!キン・ザ・ザ』〈アニメ〉1回目(10:00)『不思議惑星キン・ザ・ザ』1回目(12:00)『クー!キン・ザ・ザ』〈アニメ〉2回目(15:00)『不思議惑星キン・ザ・ザ』2回目(17:00)作品解説トークイベント(19:30)

    メッセージ本文

    関連記事